キャッシングの申込みを行なう前に、簡易審査を実施すると、他社借入件数が多いと借入総額が少なくても審査落ちしやすいことが分かります。複数の金融業者で同様に比較しても、金額以上に他社借入件数が重視される傾向に気が付くでしょう。消費者金融に限らず銀行カードローンでは更に他社借入件数について厳しい判定をしているので、利用限度額増額を狙った方が良いケースがあります。

貸金業法で定められた総量規制に抵触していなくても、申込時に記入する他社借入件数と借入総額は、あくまでも現在の借入残高に過ぎません。利用限度額までは借入れが出来るので、他社借入件数が多いほど、最大融資可能総額が多いことを示しています。多重債務者となって、債務整理を今後行なうリスクが高い申込者という判断がされることから、貸し倒れリスク回避のために他社借入れ件数について厳し目の判断がなされているのでしょう。住宅ローンを組む際には、銀行が重視するのはあくまでも利用限度額の総額であって、実際の借入金額では無い点からも、金融業者が他社借入件数が多いほど貸し倒れリスクが高いと考えていることが分かります。1社に債務をまとめるおまとめローンを検討するなど、他社借入件数を減らす努力を行なった方が良い見込みです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2017 銀行カードローン借り換えガイド. All Rights Reserved